最近の記事

2013年10月03日

百器徒然袋ドラマCD1雨 京極夏彦

モーニング!
ふくろうです。

今朝は京極夏彦さん原作のどらまCD1,雨。

DSC00317.JPG

鳴る釜、薔薇十字探偵の憂鬱のお話です。
かま、がモチーフの一つになっています。
とふくろうは思います。

ドラマCDなんて初めて聞きましたが、
目が疲れなくて面白かったです。
志水アキさんのコミックと同様のイメージを
インプットして聞き惚れておりました。

京極作品に登場する榎津礼次郎さんという探偵が
ふくろうは大好きで、
京極作品はこのかたがおられるので読む、
と言っても過言ではありません。

なぜかなどと説明すると時間が足りないので控えますが
超美形と言うだけで読んでいるのも事実です。

素敵なんだけど、いたら何かと厄介なかた、
でもどのくらい美形なの?
と興味は尽きません。

ほかのレギュラー陣の[京極堂」こと中禅寺秋彦さんも、
強烈なキャラなので、この二人が何をやらかすのやら
とか、一体この物語では誰をメインで頼りにしたらいいの?
とか、かつてない疑問とか不安をのせたまま、
物語が最後まで進んでいきます。

あまりの胡散臭さに笑い転げながら、得体の知れない
人物たちが事件を解決し締めくくってくれます。

いや、そんなとらえ方でいいのだろうか、
でもとにかくいけない人たちを、変わった人たちが
何となしてくれて、ラストでちらりと人生の真実と言うか
やさしさが見えてきます。

事件がかすんでしまうほどの探偵だなんて、
なんて新鮮なんだ。

新しい時代を感じました。
長くなるのでこれくらいで。
あとは読まれたらお分かりになろうかと。

ではまた。
<Sponsered Link>





この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 07:25 | Comment(0) | ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑