最近の記事

2013年11月27日

天は赤い河のほとり 外伝 上弦 篠原千絵

こんばんは、
今日は一日中、外では白い息が出てました。
今夜は底冷えがしそうですね。

今日は『天は赤い河のほとり』外伝の第五弾。

DSC00438.JPG

「上弦」です。

今回で終わりかなと思いましたが、完結編は
次らしいです。
ですからこの巻は前編になります。


ぽちっと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります

書評・レビュー ブログランキングへ

いよいよルサファが登場します。
大変な人生を歩んでいました。
幼いころから苦労人ですね。

謎の神官の暗躍は続いています。
ナキア皇后の腹黒さも際立っていますね。
この人のせいでヒッタイトの人口は確実に減っています。

弱いものを平気で踏み台にしたり、
使い捨てですね。
なのに糾弾できないなんて悔しいですよ。

こんなにいつも命を狙われていて、
休まる暇がないほどです。
カイルの神経は大丈夫なんでしょうか。

でも神官のお姉さまがナキアに立ち向かえるのは
カイルだけだと予言しています。

この時代、剣の修業はスポーツではなく
生きるための必修科目ですね。

この巻まででようやく腹心の部下がそろいました。
カイルはいい仲間や部下には恵まれています。
人は石垣人は城、という言葉が思い浮かびました。

この巻まで5冊読んで、
コミック同様、登場人物の存在感がすごいですね。
それと赤い河を意味する「マラシャンティア」の語感が素敵です。

後編が待ち遠しいです。
では。

<Sponsered Link>




この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 17:32 | Comment(0) | コミックノベライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑