最近の記事

2014年07月30日

美髪 ふくろうレポート2

今日はふくろうレポート2でございます。





自分でできる白髪ケアの代表は「白髪を抜かない」
ことです。

『古荘メソッドTツヤ髪プログラム』を読んで見ました。

DSC00872.JPG

そりゃあそうです。抜いたら染めるにしてもボリュームが減りますよね。
本数は確保、これは当然です。
白髪への対処は、
1、ストレスをためない。
2、栄養バランスのとれた食事。
3、頭皮の血行促進のためのマッサージ。

頭皮からは顔の10倍の脂が出るとは知りませんでした。
気にせず過ごしてきたふくろうです。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ


ふくろうは美容院で薦められてヘアマニキュアしています。
これは、内部に浸透しないので、髪を傷めません。

ふくろうは3〜4週間で一回ヘアマニキュアをしています。
自分に合ってます。
キューティクルの表面や内部を覆って色をのせるタイプです。

今回は美容院でヘアマニキュアをしたので、
色が乗ってる分、染めに行く前とどうシャンプーするのに違いがあるのか
を見て見ました。

泡立ちとかの感触は染めに行く前、つまり色が薄くなっている状態よりは、
染めてすぐの時が、いくらかシャンプーしているときに、
ややマッサージの指通りに時間がかかったと思います。
ていうのも、
海で泳いだ後のシャンプー、皆様お分かりになりますか?

あんな感じを思い出しました。
ただ海水につかった後ほどではありませんけどね。

髪に何かついてるという証拠ですね。
何もつける必要のない方はうらやましいです。
ただ気にするほどのことではないと思いました。

地肌をお湯で濡らす時の温度とはどうなのか
今度試してみたいです。

なのでマッサージを念入りにして地肌のすすぎを
しっかりとやりました。

仕上がりは、指通りがよく、半乾きの時も髪が軽く、
乾くにつれてハリとコシがでます。
髪自体は柔らかい気がするのに、ハリとコシはちゃんと出ます。
それと自然なつやがでます。
洗った後の爽快感もやわらかい感じで、頭が軽いです。

この頃のふくろうの抜け毛は若いころに比べたら細いです。
見た目でもこれははっきりわかります。
だから汗ばんでべったりしたら、
いやに髪の分け目の地肌が目立って見えます。

オレンジシャンプーは刺激がありません。
香りもぜんぜん派手ではありません。
自然の恵みってこういうさりげなさかなと
乾かしながら思いました。





ではまた。



この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 20:36 | Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑