最近の記事

2016年05月18日

あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる 櫻庭雅文

モーニング!ふくろうです。
今日は櫻庭雅文さんの
『あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる』
でございます。

DSC01515.JPG

言霊の取り扱いは大切ですね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ


すべてのものに波動があるんですね。
それが影響し合っていろんなことが起きてくる。

なるほど、面白いですね。
自分の人生を受け入れることが、
言霊のこもった言葉を使うために大事だと書かれています。

赤ちゃんは自分で母親を選んで生まれてくる。
今までは重かったこの言葉が、いまではふくろうにとって
心のよりどころになっています。
<Sponsered Link>






ふくろうもまたこの世に生まれるとき、そういった選択をして
人生を選んできたのだと思います。

生まれ落ちたときからそういうことが納得できるまでには
かなり時間がかかりましたけど。

子どものころから気苦労が多く、
家庭運そのものがほとんどない人生でした。

そういう人生を選んできたということですね。
昨日までの結果が今日に至っているのね。

企画書、スコーンと忘れていますからね。
皆様は、幼いころの記憶、おありでしょうか。
ふくろうは断片的に幼いころの家の情景や思い出が
ほんの少し記憶にあります。
そのほかはあまり覚えていません。

この本では言霊のなせることについて説明がされています。
かけ続けるなら、
この本にあるような言葉を使いたいとふくろうも
思いました。
日々の行動や発言を見直してみました。
口からどんな言葉を出すかはすごく大事ですよね。

カイワレ大根に言葉をかけ続けた結果がとても興味深いです。
人間にも植物にも言霊は影響与えます。

念じるだけにしても
美しい心のこもった言葉がいいはずですね。
人でも物でも語りかけていくことはいいなと思います。

特に自分が大切にしているものには話しかけますよ。

我々自体が
波長を発生させると思うと、
気を付けて生活したいですね。

周りと周波数を合わせるのも大事だろうし、
何かを発信するときの自分の声にも気を付けたいです。

特に興味深かったのは、名前です。人のネーミングの話。
どういった気持ちを込めてつけるか。
自分の名前は自分でつけるわけにはいかないんですが、
呼ばれることを考えて親はつけるべきでしょうね。
音も大事だと思います。
言霊をひとたび自分の口から出す時は
人を元気にするものを選びたいですね。

「ありがとう」の波長には緊張を和らげるとありましたが、
たくさん使いたい言葉ですね。
口に出さなくても波動は伝わるので、
心を込めることがとても大切だと思いました。

自分のことを心から大好きといえること、
これがとても大切ですよね。
小説でも映画でも実感のこもった言葉
は胸を打ちます。

世界を愛の波長で満たす時、
うれしい奇跡が起きるのだと思います。

我々は幼いころから多かれ少なかれ何らかの刷り込みを
されている気がします。
それを乗り越えるには、いい言霊を
出したいですね。

自分でプログラムしてきた人生、
課題を乗り越えるのを楽しみたいと思いました。

わかりやすい本でした。
ふくろうも、できること一つでも実行したいです。


では。

<Sponsered Link>








この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 10:28 | Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑