最近の記事

2017年01月30日

上手な脳の使いかた 岩田 誠 著

こんばんは、ふくろうです。
今日は岩田誠さんの
『上手な脳の使いかた』でございます。

DSC01676.JPG

脳をちゃんと使えたらいいですよね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

脳はまだまだ育てられるはずですね。
この本は上手に脳を使うにはどうすればいいのかが書かれています。
ふくろうのところでは両親ともに高齢です。
二人とも認知症があります。

薬で治療しながら、二人ができるだけ楽しく生きられるように、
弟と情報交換をしながら工夫をしています。

せめて自分の子供くらいは最後まで覚えていてほしいですね。

主に脳の記憶や学習について書かれています。
記憶を長く保つにはどうしたらいいのか。
これはもう、親のことばかりとは言えません。
ふくろう自身が還暦を過ぎて、

すぐにものが思い出せないことが増えています。
同級生に聞いたら、みんな同じです。

もちろん忘れにくいものもありますが、
こんな風に忘れることが頻繁にあるようになるとは、
思いもしませんでした。

どうしたら記憶が続くのかがふくろうは知りたかったです。

不要なものは消えてくれても一向に構いません。
親の年まで生きたとしたら、ふくろう自身はどうだろう。

身辺整理をしながら、いつまでも消えてほしくない記憶を
保ち続けるには何が必要なのか、自分の体験を考えて、
その方法を見つけようと想い、この本を読みました。

経験的にわかることは繰りかえさないことは忘れていくということ。
体を使って、覚えた記憶は長く続くようですね。

いったい自分は何をどうしたいのか、
その線引きもしっかりやっておこうと思います。
脳をどういう風に使うのか、
この本を読んで自分の人生のプランを軌道修正しています。

さておもしろかったのは、脳は発熱することです。
睡眠の役目についても、詳しく述べられていて、
とても勉強になりました。
実際に寝つきをよくするとか、

あとネアンデルタールの話とか大変興味深い本でしたね。
あきらめずに、まだまだ脳を使うことを試していこうと思いました。

ちょっぴりやる気になる一冊でございます。

では。




この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 18:07 | Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑