最近の記事

2017年02月25日

DVD トキメキ!弘文学院 最終話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院』
「最終話 大団円」でございます。

DSC01698.JPG

傲天が負傷します。雲ひを守ったんです。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

さて、傲天のピンチにあの達人がまたまた立ち上がります。
皆様、秘技がみられますよ。
ふくろうも感動します。

息子が父親を超える瞬間が見られますよ皆様。
文星若様がついに、どうしようもない偽善者の父親の
公孫毅に引導を渡します。
「人になれ」ということですね。
墨瞳もいちまい噛んでいます。
もう嫌なおじさんでしかない公孫毅でございます。

老いては子に従ったほうがいいですよね。
っていうかこんなに悪党なのに、
孝行をしてもらえるんですから、
感謝しないといけませんね。
流刑になってみんなで流刑地に行きます。
きれいな墨瞳と久々に笑顔の素敵な文星さん
を見ました。

一方毒に倒れた傲天は雲ひを守ってのことですね。
愛ですよ、愛。
「何があろうとも守る・・」って泣きそうです。

しかし毒に解毒剤がないのですよ。
どこまでも公孫毅のやることですから、かわいげがないですね。

このまま何だかシリアスなタッチになっていくのですが、
そこはそれ、
楽しいドラマとしてはラストもばっちり考えています。

学院は再興されますよ。
金くんが劉学監にそっくりになってました。
同じ事やってるみたいです。
でも向いてます。

青春を生きる面々の将来も垣間見えます。
みんな才能がありますね。

安心して見終えることができます。

この中の登場人物はみんな大好きです。
元気になるドラマだと思います。

もう、ふくろうは二かいは見ています。
雰囲気が好きです。
心を明るくしてくれるドラマでした。

とにかく見ながら大声で笑えました。
中国語のドラマのなかでは大好きな作品です。
特に音楽が好きでした。
素敵な曲をきけて楽しかったです。

中国語を聞くのも楽しかったです。
ことばって不思議です。

このドラマで感情表現を見ていましたが、
コメディの落ちもツボもはまりました。
万国共通なんですね。
では。

<Sponsered Link>







この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 22:23 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑