最近の記事

2017年03月06日

ふしぎなでまえ かがくいひろし

こんばんんは、ふくろうです。
今日はかがくいひろしさんの絵本
『ふしぎなでまえ』でございます。

DSC01707.JPG

皆様、でまえいかがですか?

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ



この絵本は、自動的におなかが減ってまいりますね。
空腹感とともに読んだふくろうです。

裏表紙の料理の絵が見事でございます。
全部ふくろうの食べたことがあるものです。

日本はこんなにいろんな国のメニューがあるんですね。
恵まれています。

来々軒のお品書きを見ると、ランチタイムに行ってみたいですね。
団地にお住いの、じゃがさんとさつまさん、
みるからにいもっぽいです。
どちらもウェストが見当たりません。
もしかしたらこの二人、魔法か何かでイモに帰られたのでは。
もしかしたら王子様とかお姫様の可能性があるのかな。

ともあれ、二人ともふくろうの愛するイモ類なので、
見ただけでいい匂いがしそうな
イントロでございます。

作るのが面倒だと、経済が許せばでまえもありでしょうか。
中華料理店に、お寿司屋さん、さらに天ぷら屋さん。
二人は注文しまくりですね。

ところがやってきたでまえは、
二人の考えたでまえとは違っていたようです。
いまどき、こういうでまえがあるのでしょうか。

絵がとても楽しいです。
色も楽しいし、表情が豊かです。

というわけで食欲が出てまいりますよ。
これからイモの二人が思いもよらない展開を迎えます。

初志貫徹しないで、突然思い切った行動に。
あなたたちおなかすいていたんじゃあなかったの?
ふくろうは思いました。

しかし、彼らの労働奉仕には、ちゃんと見返りがあったのです。
そこは読んでからのお楽しみです。

不思議な怪しいおいしそうな世界へのいざないがありました。
そこではじめて、でまえを取っていたんだと思いだしました。

さらに後の二店はどうなってるんだろうと思っていると、
新たな刺客がやってまいります。

続きがどうなるのか知りたい気持ちでいっぱいです。

では。



この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 18:12 | Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑