最近の記事

2017年03月11日

DVD ヒーラー 最高の恋人 第6話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『ヒーラー 最高の恋人』
「第6話」でございます。

DSC01715.JPG

ヒーラーに心境の変化が起こっています。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

ボスはヒーラーの身を案じています。

働く人の姿は美しいものですね。
ヒーラーもしかり。

さてムンホさんが訪ねてきて、
ヨンシンは機嫌が悪いです。

ムンホさんはある理由があって記事を譲ってほしいと申し出ます。
危険な状態だとムンホは指摘します。

言われてみれば、その通りです。
ヨンシンはつけられています。
こういう事態になることをヨンシンは予想できなかったのでしょうか。

もしかしたら、あの記事を出した時から
ボディガードが必要だったかもしれませんね。

すぐにヒーラーに変身するわけには行かないのです。
しかし、ヨンシンには症状が出てきます。
過呼吸になりそうですね。

この時はヒーラーは自分の意志で行動しますよ。
少し無謀にも見えるけど、ヨンシンは正義感が強いですね。

今回ヒーラーが魅せる鉄棒系のわざや武器が素敵です。
そしてヨンシンに薬を飲ませるヒーラーです。

ヨンシンが振り向きざまにヒーラーの胸に飛び込むシーンが素敵です。
悪い奴らに取り囲まれた時から、ヒーラーはヨンシンのことを心配して
守ろうとします。
ココはとても素敵なシーンですね。
忘れないと思います。

ヒーラーがためらいながらもヨンシンを放っておけないというわけですね。
これは心境の変化ですね。
人とかかわらなかったヒーラーの生き方に変化が出ています。

ボンスのときはドジな後輩ですが、ヒーラーのときは別人です。

またムンホさんの義姉もひどい症状が出ていましたね。
あまりの名演技なので、
ふくろうは自分がパ二くらないように注意しておりました。
こういう風に言葉も、症状が出るきっかけになります。

ムンホさんは意図したわけではないのです。
相手に悪気がなくても、言葉から連想されるいろんなことで、
症状を持つ人は苦しみますね。

ふくろうもその一人なのでよくわかります。
まずいなと思ったら、話題を変える、その場所を去ることをしています。
薬もお守りとして身近にもっています。

眠れると治りやすいです。
さらに今回のヨンシンのように、誰かに抱きしめてもらうのも
いいですね。

薬プラス愛でしょうか。
安心させてあげることが大事だと思います。

ヒーラーにとって、もしかしたら恋の始まりのときかもしれません。
ぐっと来た理由というのをヒーラーが語っています。
先が楽しみです。
こんなに身体能力に優れ
丈夫で優しいヒーラーにふくろうも癒されています。

ところで、こんな暖かい家で一緒に食事です。
ヒーラー。泣くと思いません?

では。

この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 21:18 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑