最近の記事

2017年03月16日

聖の青春 大崎善生

こんばんは、ふくろうです。
今日は大崎善生さんの『聖の青春』でございます。

DSC01719.JPG

命がけで生きるひたむきな青春です。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

一人の人間として、子を持つ親として、読みながら
涙が流れ続けました。

読みやすい本です。
しかし、何行かを読むごとにふくろうは泣いては涙をふき、
命がけで将棋を指す村山聖さんに魅了されました。

この方の青春、忘れてはなりませんね。
そう思いました。

豪傑だなと思いました。
彼にとって最優先が将棋だったんですね。

壮絶な苦しみを乗り越えて人は成長するものかもしれませんね。
将棋を始めたのが病院だったというのも興味深いことです。

師匠の森先生との関係が微笑ましくて、泣きましたね。
大事にするということはこういうことなんだと。

本物は本物の人生を送るんですね。
この方が残して行ったものはどれも、
大事なことを思い出させてくれます。

忘れたくない人ですね。
壮大なドラマを読ませてもらいました。

「勝負は勝たなきゃ意味がない」という言葉が
心に焼き付いています。

読んでしばらくは呆然とせざるをえませんでした。
それほどこの人生は中身が濃いんです。

ふくろうにもある不安や悲しみも、含まれています。
そして息子の気持ちに寄り添い、最後まで一緒にいきた
ご両親の気持ちを思えば、
ふくろうは最初から最後まで泣きっぱなしなのでした。

この青春、覚えとこうと思います。

では。

この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 16:50 | Comment(0) | エッセイ・自伝・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑