最近の記事
(06/24)戦国史が面白くなる「戦国武将」の秘密 渡邊大門
(06/18)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第6回
(06/17)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第5回
(06/13)パートナー 下 ジョン・グリシャム 白石朗 訳
(06/12)ラモーナとおかあさん ベバリイ・クリアリ―作 松岡享子訳 アラン・ティーグリーン絵
(06/11)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第4回
(06/10)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第3回
(06/07)パートナー 上 ジョン・グリシャム  白石 朗 訳
(06/05)ラモーナとおとうさん ベバリイ・クリアリ―作 松岡享子訳 アラン・ティ―グリーン絵
(06/04)ドラゴンの眼 下 スティーヴン・キング 著  雨沢 泰 訳
(06/03)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第2回
(06/02)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第1回
(05/31)キャロリング 有川 浩
(05/30)ドラゴンの眼 上 スティ―ヴン・キング 著  雨沢泰 訳
(05/29)DVD 星から来たあなた 第2話
(05/28)DVD 星から来たあなた 第1話
(05/27)少年弁護士 セオの事件簿6 仮面スキャンダル ジョン・グリシャム=作 石崎洋司=訳
(05/26)少年弁護士 セオの事件簿5 逃亡者の目 ジョン・グリシャム=作 石崎洋司=訳
(05/24)ゆうかんな女の子ラモーナ ベバリイ・クリアリイ作 松岡享子訳 アラン・ティ―グリーン絵
(05/21)DVD ヒーラー最高の恋人 最終話

2017年03月19日

評伝 フリーダ・カーロ

こんばんは、ふくろうです。
今日は『評伝 フリーダ・カーロ』でございます。
悲劇と情熱に生きたメキシコの画家フリーダ・カーロの生涯に迫ります。

DSC01721.JPG

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
ふくろうは、フリーダ・カーロの名前だけは知っていましたが、
今日までほとんど興味をもってその絵を見たことがありません。
今回、この本で、ようやくお知り合いになれました。
絵もさることながら、フリーダの全身から発せられる輝きに魅了されますね。

フリーダは、個性的な美人だと思います。人をとても惹きつけるところがあります。
事故で身体を痛めて居られて、苦痛に満ちた人生でもあったと思います。
感受性の非常に鋭い女性ですね。

さらにその描いた絵画のほとんどが自画像というのも、
珍しいと思いました。
気持ちをはっきりと表現する方でしょうね。

絵画の色彩の美しさに目を奪われます。
こういはっきりとした色を駆使して、自分の気持ちを絵画にすることが、
フリーダにとって、癒しであったのかもしれません。
事故の後ですよね。
それまではやったことがなかった絵画を始めるのは。

<Sponsered Link>






まさに心のままにやりたかったことをやることで、生きた人でしょうか。
恋多き人生で、傷つくこともきっと多かったでしょう。
フリーダの絵は、ふくろうの心に、痛いという感覚が伝わってきます。

とにかく痛いので、ふくろうは魅了されながらも、長くずっと見ているのは
なんだか少しつらいのです。

そして、ケガとかが影響して、妊娠しても出産にまで結びつかないことで、
さらに苦しんだんだろうなと、同じ女性として涙が出ます。

傷つきやすい心がこういった絵をかかせたのかもしれませんね。
しかしとても頭のいい方だったと思います。
絵を描くことはまさにフリーダにとってつばさだったのだと思います。

幸せだったのか気になるふくろうです。愛しても裏切られ、耐えらえない痛みにも耐え
それでも無邪気に前を向いて生きたフリーダ。

残された絵からフリーダのメッセージを感じ取る時間は、見るほうも
自分の人生と正直に向き合う時間です。

ふくろうは軽いショックも覚えながら、人生を本気で生きたフリーダを忘れたくないと思いました。
では。

<Sponsered Link>





この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 21:30 | Comment(0) | 評伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑