最近の記事

2017年03月20日

日本史有名人の身体測定 篠田達明

こんばんは、ふくろうです。今日は篠田達明さんの
『日本史有名人の身体測定』でございます。

DSC01722.JPG

こういう本が読みたかったふくろうです。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
こういう本があったらいいなと思っていましたが、
ついに出会えました。
いつも歴史小説を読むときに、イメージを浮かべて読みたいのですが、
人物像で一番知りたかった身長や体形など、
わからずじまいでした。

俳優さんのイメージで読んでいるところがたくさんありましたね。
つまるところ肖像画ではしっくりしない部分です。
本当はどの位の背の高さだったのか、
そういう細かいところが
ふくろうは気になって気になって仕方がなかったのです。

しかし、そうはいっても無理だろうなと半ばあきらめておりました。
こういうことを調べる人はいないだろうと思ったのです。

<Sponsered Link>





この本は、イラスト入りでわかりやすい楽しめる本です。
実際の身長や体形で、実写版の俳優さんを選んで映画を作ったら
どういう感じになるのかなと、はやくも妄想をしております。

現実にその時代に行き、その人物に会うのは不可能ですね。
でも、なにがしかの手掛かりをもとに、
より事実に迫れるなら、楽しいと思います。

この中の有名人で、
思っていたのとイメージが違うなと思う方もままありますね。
ふくろうの身長を考えて、どのくらいの大きさなのかを想像するのは
大変面白いです。

著者はドクターであり、歴史小説家でもある方で、
小説の中の登場人物のプロフィールはきっとこういう感じに
きちんと調べておられるのだろうなと
感心しておりました。

昔読んだ歴史小説と現在のそれとは違って当然ですよね。
科学は進歩し、時代も進んでいるわけですから。

同じ人物を主人公にして書いたとしても、人物像が時間軸が進むほど
詳しくわかっているかもしれませんね。

読む方としても、本当はどういう人なのかとか、
詳しいことがわかればうれしいです。

今度からいろんな歴史小説を読むのに、
キャラクターはこの本を思い出して
読もうと思います。

そういう読み方もいいなとふくろうは思いました。
今まで我慢してきた部分ですが、
そういうことにこだわってみると
また面白さが違うかもしれません。

今後ももっと
いろんな有名人のフルサイズがどのくらいだったのか
たくさん調べていただきたいですね。

ふくろうはより史実に近い歴史を読みたいのです。
そのほうが本当の歴史に近づく気がしています。

では。

<Sponsered Link>




この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 20:27 | Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑