最近の記事

2017年06月24日

戦国史が面白くなる「戦国武将」の秘密 渡邊大門

こんばんは、ふくろうです。
今日は、渡邊大門さんの『戦国史が面白くなる「戦国武将」の秘密』
でございます。

DSC01816.JPG

歴史にあれこれ思いをはせるのは楽しいですね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

歴史上のいろいろな人物について踏み込んで書かれています。
戦国武将の知られざる一面が見えてきます。

ふくろうはまず、宮本武蔵が気になりました。
この宮本家の父と子の実像はどうだったのか。

けっして歴史の教科書には乗っていない内容です。
人は本当の歴史を知りたいと思っています。

残された資料から読み解くにしても、
実際にその時代に行って見てくるわけにはまいりません。

しかし、見てみたいですね。
歴史ファンならだれでもそう思うのではないでしょうか。

敵わぬまでもかなりの真相に迫ってみたいですね。
この本でふくろうが興味深かったのは、「軍師」のお話でした。

その他、真田一族や、本能寺の変、ですね。
また、親子兄弟間暗殺事件。

そう聞けば何だか殺伐としますが、当時は日常茶飯事だったのですね。

やらなければやられる。
織田信長も、伊達政宗も、そうやって生き残ってきたわけです。

戦国の人たちの生きざまを見て、悲しくなったりしますね。
今を生き抜く知恵も詰まっている一冊です。

では。
<Sponsered Link>






この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 22:00 | Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑