最近の記事

2018年01月31日

ドクターX〜外科医・大門未知子〜シーズン5、エピソード9OPE.9

こんばんは、ふくろうです。
今日は『ドクターX〜外科医・大門未知子〜シーズン5、エピソード9OPE.9』でございます。

DSC01900.JPG

初めて見ます。こういうオペ。
興味深いです。


ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
プリマバレリーナを目指す女の子のお話でございます。

足のケガはバレリーナにとって非常事態ですね。

金属をはめ込んで、後また再手術でその金属を取り出すオペです。

以前フィギュアスケーターの高橋大輔さんがひざを痛めてオペをしてボルトを入れて、後またオペをして取り出したという話を聞いたことがあります。

きいただけで動悸がしました。

この女の子はおじいちゃんと病院に来たのです。

彼女を救うために未知子が準備したのは、自分の骨でねじを作って足にはめ込むオペです。

このオペを阻止するために内神田会長は手を回して、つぶしにかかります。

息子を跡継ぎにしたいと思っています。

息子というのは西山ドクターのことです。
父親と違って息子は医者として正しい道を歩こうとしています。

未知子が息子に悪影響を与えるといいます。
失礼な話ですね。

もともと内神田は晶さんとの確執がございました。
過去から続くものです。

それからはるかちゃんのお母さんとおじいさんとの仲もよくないのです。

日本は技術の国ですね。

未知子ははるかのおじいさんを巻き込んで、オペに臨みます。
<Sponsered Link>











多くのドクターは忘年会に参加しています。
始まってみると、酒癖の悪いドクターばかりです。

それはもう忘れたくなるような盛り上がりぶりでございます。
けんかを始めるし、大騒ぎですね。

若手から、正しいという話と、テーマがない、の話が出て、ややこしいことこの上ない宴会になっております。

ドクターなら未知子のオペに興味があるはずでしょう。
カンファレンスの時も活発にみんなで話しています。


ですが世渡りのことを考えて若手も参加したのですね。
何時もマイペースの若手が、よく参加しましたね。

損得勘定で参加に踏み切ったらしいです。

さて取引停止警告が来ました。
神原名医紹介所のに未来はあるのかな。

このオペで未知子のオペは見納めになるのでしょうか。
実は内神田が末期がんに侵されていますが、隠しています。

メロンをもってきたときに晶さんはたぶんわかったと思います。

「未知子なら切れます」と言いながら帰っていきました。

未知子みたいな腕のいいドクターを排除だなんて、
患者にとって迷惑な話だと思います。

内神田のような勘違い男に、医療を強制されるのは嫌ですね。
この人の視野は言うほど広くはない。

停滞すると、こういう人になるのでしょう。

では。
<Sponsered Link>




この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 21:23 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑