最近の記事

2018年02月03日

俺はまだ本気出してないだけ

こんばんは、ふくろうです。
今日は『俺はまだ本気出してないだけ』でございます。



いやもう、身につまされちゃいました。


ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
この映画は元気が出ました。

主人公の大黒氏は40過ぎて夢をかなえようと奮闘します。
自分なりのやり方でやりますから、家族との軋轢もございます。

普通、家族が会って、子供の学費が必要な父親のすることではないのですが、
勝手に会社を辞めて、それから何をどうするかを考えてやっています。

娘が応援してくれて、そこだけが光りですね。
人は夢があってこそ人生を乗り切っていけるとふくろうも思っています。

いくつになっていようと自分がいったん立ち止まって考えたらいいと思います。

そこで気になるのがいつまでとか期限を切ることができるのかということ。

せめて家族が元気なら、またはその日、食べていけるならと、ふくろうだったら考えてしまいます。

夢を見るならひとりでどこまでできるのかと、軌道修正しながらやるしかないなとも思いました。

子どもが応援してくれるので食べられる。
それもありがたいといえばそうですが、
この映画のすずこちゃんは自分の夢があるでしょう。
<Sponsered Link>










大黒氏は、はっきり言って自分の事だけ考えて動いています。

おじいさんが倒れたり、介護が必要になったら、現実に、そんなことを言っている場合じゃないですね。

見たところ、大黒家はそんなに裕福な暮らしには見えません。

好きなことをやりたいなら、生活ができるように、何か別に仕事を持つのが普通だと思います。

世の中みんな、そういう苦労をしてやりたいことをやっておられる方が多いと思いますね。

ただ大黒氏は、不安になりながらも好きなことに向かって進み続けます。
作品が酷評されようと、かまわず次にいける。

この映画を見ながら、ふくろうも自分は夢をどこやったかなと、夢の部屋のありかを確認しました。

大黒氏の作品に、「人生300年」というのが出てきましたね。

300年なら、ゆっくりじっくり進めばいいですね。
本気でそんなに寿命があればいいなと思いました。

何かをやり始めて、いったいいつその夢をかなえらえるのか、
若いうちなら心配しませんでしたが、
ふくろうの年なら、段取りをしっかりしないとまずいかなと思いますね。

大黒氏は熱中できるものがあります。
そこがうらやましいです。

わが身を振り返りながらいろいろ考えさせられた映画です。
とにかく、元気をもらいました。
役者さんたちの演技もよかったです。

神様との対話、面白かったです。
大黒氏がいつか成功することをふくろうも願っています。

では。
<Sponsered Link>





この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 16:51 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑