最近の記事

2018年02月10日

桜蘭高校ホスト部

こんばんは、ふくろうです。
今日は『桜蘭高校ホスト部』でございます。

DSC00156.jpg

川口春奈さん、可愛いですね。


ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

お金持ちの高校生のお話ですね。
はるひはこの、セレブ高校の奨学生です。

将来はお母さんのような素晴らしい弁護士になるのが夢です。

さて、学校を舞台に繰り広げられる笑える物語に、ふくろうの大好きな春奈さんや、千葉雄大さん、まり子さんに、ニックンまで若い方々の素敵な笑顔に癒されました。

ホスト部のある高校ってここだけでしょうけど、
それを作ったたまき君のこだわりが楽しいですね。
たまき君は、正妻の子ではないという立場です。

その生い立ちと母親への思いがこのホストクラブ設立に至った理由ですね。

素朴な優しい若者ですね、たまき君は。そこそこ抜けています。
ただものすごく善人でございますね。

なかなかいい子に育ったじゃないですか。
とたまき君のお母さんに申し上げたいですね。

親としてはそれにつきますね。
ふくろうだったら言われてうれしい言葉、ベストスリーに入っています。


そのクラブにいつ入ったのか、はるひの秘密を知っているのはごくわずかです。
<Sponsered Link>







実ははるひは女のこです。
視聴者的には見たらすぐにわかります。
でも、ストーリー的には、ホストクラブのメンバーは知らないのでした。

お母さんが死んでからお父さんと暮らしていますが、このお父さんもユニークな方です。
トレーナーに父と書かれてあるのが笑えました。

一見お母さんにも見える服装なので、家庭を明るくしたくてこうなっておられるのかなと思いました。

ところで、ホストクラブのおかしな面々、クラブは家族ということで、それぞれをお父さん、お母さん、娘などと呼んでいます。

家族だから、仲がいいし、みんなそれぞれのことを思い合っています。
家族は分かり合える。

そこが美しいです。

人間関係も割とさらっとした人物ばかりが出てきます。
どこにも悪人が出てこないお話ですね。
そういうの歓迎です。
この世の中、笑顔にしてくれる映画やドラマ、大歓迎です。
人が目のするものは、やっぱりそうでなくてはね。

習慣が大事です。

繰り返して笑えるドラマを見れば、笑って暮らせますよね。

自分一人では無理でも、こういう映画やドラマの世界に助けられることがままあります。

桜蘭祭も楽しかったです。
ホスト部に限らず、黒魔術部などもある桜蘭高校って、笑えました。

お互いの持てる力を生かして、バトルに臨みますね。

異種格闘技みたいで、これも楽しかったです。

こういうクラブ活動、いいかもと思いました。

では。
<Sponsered Link>




この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 13:14 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑