最近の記事

2018年04月07日

FRIENDS SEASON1 第20話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FRIENDS SEASON1 第20話』でございます。

DSC01923.JPG
    

チャンドラーの恋バナに花が咲いています。


ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
ところでレイチェルの恋の行方に注目です。

レイチェルによれば、バリーは以前のバリーじゃないというのです。

お好きにどうぞ、ですね。

ただ、バリーは今レイチェルの友人のミンディと婚約中ですよね。

気の使い方もレイチェルらしいですね。

しかし、後でわかることですが、
婚約中でもほかの相手と浮気する性質のバ関係者3人です。

笑っちゃいますね。

バリーは誰でもいいのかなというくらいわからない男です。

こんな男と未来を描けるとは思えませんけどね。
白衣を着た悪魔とレイチェルはやはり分かれてよかったと思います。

さてロスはすっかり怒って出て行ってしまいます。

問題はレイチェルにロスの気持ちが伝わっていないことと、その気が全くないレイチェルの二人は平行線かもしれません。
Sponsered Link>










このコメディは大好きです、大昔、テレビでルーシーショウというのがございました。

あれは結構面白くて子供ながら見ていました。主役は一人でした。
このドラマは6人が主役、ですかね。

エピソードが6人それぞれに大体同じように割り当てられていますね。

脱線する6人組がいたわりあったり反発したりして毎日を過ごす様子が面白いですね。

こんなにいつも一緒にいたいともだち、皆様いますか?
独身なら自由がききますから、こういう生活もいいなとふくろうは思いました。

一人になりたいほうだったふくろうは、静かに暮らせるほうがありがたかったかも。
実際、一人暮らしでしたから、こういう6人のような経験はございません。

プライバシーをどのようにバランスを保つかが、しっかりできないと、しんどいかもしれませんね。

いいたいことも癒えて、自分の弱みも見せられて、なおかつ友情が壊れないなら素晴らしい生活ですね。

ここの登場する6人はタフですね。めげないし、自己主張はしっかりします。

それから困っていたら放っておかない6人の仲間はいいなとも思います。

表情が豊かで、みているふくろうにも人物の気持がよくわかります。

コミュニケーションの勉強になりますね。

では。
Sponsered Link>






この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 18:05 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑