最近の記事

2018年04月10日

FRIENDS SEASON1 第23話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FRIENDS SEASON1 第23話』でございます。

DSC01923.JPG


愈々ベビーがやってまいりますよ。


ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
臨月のキャロルはついにお産のしるしがあったようです。

妊婦よりも先に病院に駆けつける6人組ですね。
ラストで思うのですが、この6人はとても子供好きでしょうね。
そんな気持ちになります。

病院には当然ですが、いろんな妊産婦がいます。
今回はジョーイがそこで知り合った父親がいない妊産婦の出産に立ち会います。

え、なんで?
自分の子供の時は部屋の外で待つって言っていましたね。
実際に立ち会ったり体験すると、人生が変わるかもしれません。

アメリカなら立ち合いは普通かな。

日本は今どきは同でしょうね。

ふくろうは末っ子の時だけは父親の立ち合いを許されました。
子どもは却下されました。

どうなんでしょう、子ふくろうたちは男の子だったから、お産がどんなものか敬遠させておきたかったのですが。

お母さんが大変だということも実際に経験したらわかると思いますね。
<Sponsered Link>










ふくろう自身も、出産によって、人生が変わりました。
それほど子供が生まれる喜びは大きいと思います。

ただし、楽にということはございませんね。

自分内の経験ですが、なかなかにハードではありましたね。
子どもが無事ならどうってことはないのですけどね。

授かるってありがたいことだと思いました。

相変わらず病院でも落ち着きのない6人はそれぞれらしい行動で時間を過ごしています。

フィービーはいつものことながら顰蹙を買う歌を歌っています。
レイチェルは出会いを求めて産室に出入りしています。

ありえないお産状況ですが、無事にに生まれるのをこんない待っている人たちがいる赤ん坊は幸せですね。

ジョーイはオモチャを買ってきますが。そっとオモチャの手を引いて立ち去ります。
あのシーンが何とも可愛くてほっとします。あの風船の人形が可愛かったです。

時々彼らが見せる、真実のある瞬間が魅力的です。
ジョークと人生の真実が垣間見える楽しいドラマですね。

みんな人生を前向きに楽しくいくようとしているのは確かです。

もめ返してはお互いをより深く知りあっていきますね。
共に過ごす時間が多くなると楽しくなるのですね。

たぶん。

赤ん坊に出会うと人は見な何かしら幸せに気が付きます。

今後、ロスがどういう父親になるのか、ベンが、どんな男の子になるのか楽しみですね。

では。
<Sponsered Link>





この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 14:39 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑