最近の記事

2018年06月01日

FRIENDS SEASON3 第20話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FRIENDS SEASON3第20話』でございます。
DSC01923.JPG


人の死は普通は悲しいと思います。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

モニカとレイチェルのおばさまが亡くなった知らせに、モニカは喜んでいますね。

いーけないんだ〜。

でもそのわけは、御禁制だったドールハウスが手に入るからでした。

おばさまはあまり好かれていなかったらしいです。

このドールハウス、フィービーと一緒に遊ぶことになったのですが、
感性の違いすぎるフィービーのアイデアにモニカは並行します。

なので、二人で遊ぶのは難しいので、この後フィービーが素晴らしいお手製のドールハウスを見せてくれますよ。

これはすごい。フィービーの才能見ましたね。

このアイデアが素晴らしいのです。

アッと驚く、個性的なドールハウスでございます。
こんなのなら、各自思い思いに創るのもいいなと思いますね。

時代が反映されるのは素敵だと思います。

さて、ジョーイのほうは、監督の彼女とついに付き合うのかと思いきや、
遊びだからと言われてすごく傷つきます。

演技じゃないのか、演技なのか、ややこしいのですが、もともとジョーイは恋多き男でございます。

どうせ立ち直りもはやいでしょう。
<Sponsered Link>











一方レイチェルの上司とチャンドラーはレイチェルがおぜん立てをして会ってみましたが、
チャンドラーは気にいらないのに、また電話しますと、社交辞令を言います。

これが誤解の下で、相手はその気になりますよね。

チャンドラーは社交辞令だというのですが、
女性の立場からしたら、許しがたいとふくろうは思いますよ。

お陰でレイチェルは間に挟まって気を使っています。

チャンドラーは女性に対して、やはりはっきり気持ちを伝えないといけませんね。

ラストとうとうレイチェルに促されて、言いますね。
はっきり言うか、電話をするかどっちかにしてほしいですね。
有言実行です。

大人になってよね〜、ですね。

火事が起こってフィービーのドールハウスが燃えてしまいます。

モニカのシャワー中にロスは消火のために持ち込んでしまいます。
フィービーがやってきてから現場検証をします。

フィービーはがっかりでしょうね。
でもフィービーの想像力、すごいです。

3人で話す会話が楽しいですね。

では。
<Sponsered Link>














この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 19:38 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑