最近の記事

2018年06月22日

FRIENDS SEASON4 第10話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FRIENDS SEASON4 第10話』でございます。

DSC01974.JPG
フィービーの歌、だんだん好きになってきました。


ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
フィービーの曲は、個性の強い面白い曲ですね。

最初はどうもかき乱されるなと思ったのですが、今や、はまってしまいました。

おおむね、えげつない内容の歌が多いのですが、落ちがいつも面白くて好きです。

段々好きになって聞くと、すごいなお思うようになりました。

歌って言えるかどうか、よくわからないのですが、

喫茶店のみんなも楽しんでいるみたいですし、メロディはわかりにくいのですが、
歌詞が面白いですね。

フィービーの独自の世界が面白いです。

たぶんボランティアでしたかね。

新しい歌のジャンルだと思います。

さて、モニカですが、職場ではもめ続けています。そこで、チャンドラーの登場です。
一芝居打っていましたね。
お陰で、反抗的な使えないスタッフたちが変わってきています。
ジョーイもすごいけど、今までよくこんなでお客が来ましたね。

おいしそうなレストランとは思えません。
<Sponsered Link>









一方、恋人がいないレイチェルは、チャンドラー経由で募集しますよ。

レイチェルの立候補する男たちはたくさんいますが、遊びとか本気とかをごちゃごちゃやっているうちに、やっぱりいい人は見つからなかったようです。

それからロズですが、遠距離と近距離の彼女のどちらを選ぶかかんがえています。

カナダまで行きますが、列車で眠ってしまい、会いに行くべき彼女にはあえず、別の素敵な女性とお茶をすることに。

今回のマンハッタンはクリスマスですが、恋人のいるのはチャンドラーくらいです。

この6人、恋も長続きはしない人たちですね。
かといって暗くなるでもなく、懲りずに前を向いて生きています。

実はセントラルパークのオーナーでしたか、レイチェルにぞっこんと言ったかんじですが、
全く二人の間に何も存在しえないのが笑えます。

この先も何も起こらないと思います。

レイチェルのいう男性の範囲には入っていないタイプですね。

恋路というものはそんなものでしょうね。

みんな素敵な恋のドラマを期待しているのに、そんな小説はドラマみたいな出来事はなかなか起こりません。

しかし、想像を超えた面白いことが起こることもありますね。
今のところは仲間でいることがハッピーなことでしょう。

楽しそうなクリスマスでした。
では。
<Sponsered Link>










この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 23:46 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑