最近の記事
(02/20)MAGI天正遣欧少年使節 エピソード4
(02/17)MAGI天正遣欧少年使節 エピソード3
(02/14)MAGI天正遣欧少年使節 エピソード2 
(02/11)MAGI天正遣欧少年使節 エピソード1
(02/10)赤毛のアン
(02/09)ゲゲゲの女房 第154話、155話、156話
(02/08)ゲゲゲの女房 第151話、152話、153話
(02/07)ゲゲゲの女房 第146話、147話、148話、149話、150話
(02/06)ゲゲゲの女房 第141話、142話、143話、144話、145話
(02/04)ゲゲゲの女房 第136話、137話、138話、139話、140話
(02/03)ゲゲゲの女房 第131話、132話、133話、134話、135話
(02/02)ゲゲゲの女房 第126話、127話、128話、129話、130話
(02/01)ゲゲゲの女房 第121話、122話、123話、124話、125話
(01/31)ゲゲゲの女房 第115話、116話、117話、118話、119話、120話
(01/30)ゲゲゲの女房 第112話、113話、114話
(01/29)ゲゲゲの女房 第107話、108話、109話、110話、111話
(01/28)ゲゲゲの女房 第102話、103話、104話、105話、106話、
(01/27)ゲゲゲの女房 第97話、98話、99話、100話、101話
(01/26)ゲゲゲの女房 第92話、93話、94話、95話、96話
(01/25)ゲゲゲの女房 第87話、88話、89話、90話、91話

2018年06月26日

FRIENDS SEASON4 第11話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FRIENDS SEASON4第11話』でございます。

DSC01974.JPG

フィービーの弟が結婚しました。


ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
弟の結婚祝いが問題ですよ。
弟夫婦に子宝が授かるのはむずかしいみたいです。

そこで二人は代理母をフィービーに頼みに来ます。

なんか人類の最後の望みだからと託されたなら、皆様どうでしょう。
引き受けますか?

ふくろうはゆっくり考えて決めたほうがいいと思います。

一人産むのは大変なこと。

産んだ経験のある人と、全く経験がない人でも違うと思います。
が、しかし、フィービーのょうな感性にはなかなかなれないかもしれません。

その話を聞いたフィービーの実母は、犬をフィービーに預けます。

その犬を手放す感じを経験したら、わかることがあるというのです。

お母さんは代理母をやめさせたかったのだと思います。

出産は大変なことです。
まさに命がけのこと。

でも、フィービーは引き受けてしまいます。
<Sponsered Link>











仲間もよく考えてといいますが、決めた後では応援するでしょう。

選択はフィービーの自由です。
喜んでもらえるからとフィービーは言いましたね。
そういう気持ちが勝ったということでしょうか。

いずれにしても簡単なことではございません。

フィービーにはみ初めての出産になるので、うまくいくといいですね。

一方、ジョーイはロスの博物館で案内の仕事をします。

そこで気が付いたのは、職場でグループが別れて食事をすることでした。

何だかおかしいとジョーイは思ったのです。
そしてそのことでロスは、あることをします。

なんだか告白タイムみたいになってしまいましたね。
職場の人たちって、素直な方ばかりです。

みんな普段からかんじていたのでしょうね。

ジョーイの案内ぶりがなかなか楽しいですね。

子どものほうが実は知識が豊かですが、ジョーイも負けてはいません。
おかしくて笑っちゃいました。

子どもはしっかり指摘しますからね。

どんなお仕事も楽なことはありませんね。勉強が必要です。
ジョーイの経験はジョーイが今後役者の仕事をする時に役に立つと思います。
それから恋するチャンドラーの切実な悩みにモニカが見事にこたえます。

助け合いですね。

では。
<Sponsered Link>













この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 00:09 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑