最近の記事

2018年07月30日

FRIENDS SEASON5 第5話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FRIENDS SEASON5 第5話』でございます。

DSC00156.jpg


ついにロスはレイチェルに言います。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

言い出せないままに、伸ばしていたことをロスはレイチェルに言います。

もう会えない。

妻とうまくやるにはそれしかないと思ったのです。

結婚式で名前を間違えなければ、こんなことにはならなかったかもしれませんね。

ロスの立場なら、レイチェルもまず名前を間違えたりしないといいましたね。

それくらいロスのやったことって、ほとんどの人がやらかさないレベルのミスなんですね。

どうしたらいいのか。


エミリーの条件を飲むしかないでしょうか。

夫婦でなかったら、問題にはならなかったでしょうが、痛恨のミスですね。

結婚の前とあとで、人間関係が変わらず続くならそれもすごいなと思います。

それをキープするために、ロスは自分の結婚式くらいはしまった男でなければならなかったのね。
<Sponsered Link>










妻がいなくなって、見つからなければ一緒にほかの女性と旅行しようとしたことは、
なんだかエミリーが気の毒でした。

手の届くところで間に合わせてしまえばいいの?
ふくろうはまずいなと思いましたよ。

だから、こんなおかしなことになった。

一手、一手、甘いと思います。
結婚そうそう、エミリーは、まるでロスが不倫したみたいに怒りを抑えきれないでいます。


結婚して変わるものもあります。
独身時代の動きがそのまま、通用するのかということ。

既婚者なら既婚者の動きがあると思います。
そういう意味ではけじめをつけることはあるでしょう。
お付き合いの整理はあって当然だと思います。
制約はあるのが普通です。

大事なのは人間関係を円滑に動かすことですよね。

でも全く変わらないとは思えませんね。
ロスには妻という新しい登場人物がそばにいるのですから。

立場が逆ならロスも烈火のごとく怒るのではと思いますよ。
男女平等なら、お互いが納得できるかどうかですね。

仲間はロスがレイチェルと縁を切るのは難しいと考えると思います。
この仲間のなかで、エミリーも暗黙の付き合い方になじめそうだったですよね。

ロスさえ外さなければ、こうならなかった?

ロスが変わる必要もあるでしょう。
結婚がうまくいっても、先で同じような問題に突き当たる可能性はあります。

相手が信じられない事態が起こることもあります。

一方チャンドラーとモニカの関係がジョーイにばれてしまいます。
ジョーイに口止めをしたのですが、どうでしょう。

隠す必要があるということですね。
では。
<Sponsered Link>
















この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 12:45 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑