最近の記事

2018年08月22日

FRIENDS SEASON6 第4話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FRIENDS SEASON6 第4話』でございます。

DSC01957.JPG


ジョーイの保険のお話、大変ですね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

保険に入っていなかったら、病気の時に大変困ります。

ジョーイは稼ぎが少ないのでしょう。

もはや病気にもなれないと悩んでいます。

はっきりいってジョーイはブレイクしていません。
なので、稼ぎも少ないのです。

今回チャンドラーがモニカと同棲します。
それではジョーイとルームシェアするのは誰か。

まだ決まってはいないようですね。

レイチェルは誘われても無理でしょう。

そんな時に限ってお腹に痛みが来ます。

盲腸か何かでしょうか。
手術が必要かもしれません。

ジョーイつらいですね。ですが、こういうバイトをしながら夢に向かって進む人はいっぱいいると思います。

緊急の時にはきっと、チャンドラーが助けると思いますよ。

そういう優しさはあるのです。

我慢して撮影していますが、なかなかOKが出ないので、つらいですね。
<Sponsered Link>











さて、今回フィービーがロスが黙っていたことをレイチェルにばらしてしまいます。
フィービーはこれに関しては厳しいですね。
でもすぐにごまかしますからレイチェルは気が付きません。

いやしかし、ロスのやり方が甘くて卑怯だとも思います。

レイチェルの許可なくだまし続けている事実は許せないなあ。

さわやかさがないですよ。

ところでロスは講義を引き受けたのはいいのですが、
緊張のあまり、ござる調になってしまいます。


ふくろうにはわかりにくいのですが、英国英語になった部分を、ござる調で翻訳しているのですね。

翻訳者さん、大変ですね。

古風な英語なのかな。

一方ジョーイは本当に痛みがあるので、演技も鬼気迫っています。

それから、レイチェルは引っ越しの用意をしています。
ロスの策略に反対するフィービーでございます。
確かに、言われるように、ロスのやり方って情けないですね。

ずるいし、横着です。
責任感がないですね。


ござる、なんて言ってる時に、レイチェルが乗り込んできます。当然といえば当然ですが。
ばれるまで黙っていればいいやと思っていたロスです。

婚姻届けでこういうおふざけはいけませんね。
ロスって罰が当たりそうです。

学生もびっくりですよね。
これで講師の話はおじゃんでしょうか。
こんな先生、信用できませんよ。

では。
<Sponsered Link>














この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 20:32 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑