最近の記事

2018年09月17日

舞妓はレディ

こんばんは、ふくろうです。
今日は『舞妓はレディ』でございます。

DSC01974.JPGDSC01974.JPG

みてよかったなと思う映画ですね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

なんか古き良き時代の日本映画の雰囲気がございました。
悪い人が出てきません。

主人公が努力して舞妓さんになっていきます。

舞妓さんと言えば、花ですね。確かに。

もう目が離せません。

お稽古事も礼儀作法も、全部興味津々で見ておりました。

レディになっていく様子が描かれていて、楽しかったですね。

ミュージカル仕立ての美しい日本の姿がありました。

こういう映画には癒されますね。

みてよかったなと思いました。

日本舞踊もダンスも、本当によかったです。

小春ちゃんの歌がとてもうまかったです。
<Sponsered Link>











この中で方言の面白さも堪能できました。

日本にはたくさんの方言がありますね。

舞妓さんはもちろん京言葉です。

舞妓になった小春ちゃんがもうとってもかわいくて楽しかったなあ。

淡々と日常の生活も描かれていて、ほっとします。

そこここに日本がある感じでした。

一生懸命頑張る小春と、彼女を取り巻く周囲の暖かさが良かったです。

草刈民代さんは、やっぱりきれいでした。
これも見てよかったと思う理由の一つです。

さりげなく心に残る映画でしたね。

ふくろう的には、映画らしいなと思う映画です。
夢を見させてもらいました。

昔、よく父が映画を見せてくれました。
子どもの頃、映画に感じていた感覚がこの映画にはございます。

日常を忘れさせてくれる夢のある作品がふくろうは好きですね。

小春ちゃんの可愛さが心に残っています。

等身大の女の子が舞妓さんになるのも新鮮でした。

こうやって舞妓さんは作られるのだなと、大変興味深い映画でした。

普段はこんなことは知らないで生きています。
美しくなるためには日々の精進ですね。

まずおおきに、と小春ちゃんは教えられていきます。
一人前になるにはそこですね。

ふくろう、心が生き返りましたね。

では。
<Sponsered Link>













この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 18:10 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑