最近の記事

2019年01月27日

ゲゲゲの女房 第97話、98話、99話、100話、101話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『ゲゲゲの女房 第97話、98話、99話、100話、101話、』でございます。

DSC02120.JPG

茂と布美枝には忙しい日々が待っておりました。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

賞を取ってから、漫画の注文がひっきりなしでございますよ。

スケジュール表を見ると、体がもたないのではと心配になりますね。

いい漫画は書いていただきたいですが、長生きしていただきたいのです。

命をまず確保です。

福の神だからと茂は注文を断りません。気持ちはわかりますね。

誰かアシスタントを雇うしかないでしょう。

さらに、鬼太郎の実写版の話も来ます。
茂はテレビを希望しますが、なかなか進みません。

今が踏ん張り時だということですね。

深沢からプロダクションの話を聞いた布美枝はその話を茂にします。

さて、アシスタントの面接が始まります。

即戦力が欲しい茂ですね。
そこで、深沢から紹介された倉田、なぜか神社で茂みずからスカウトした小峰、あと、なぜアシスタントに応募して来たのか、スキルの追いつかない菅、と変わった面々が集まります。

会社組織を作り、さらに茂は仕事のできる家に改築します。
<Sponsered Link>











環境づくりは大事ですね。
仕事がはかどると利益も上がります。

編集部員も、やってきますから、広い部屋ができてよかったです。

布美枝は夜食を大人数分作ります。

台所が広くなってよかったです。

お祝いの日に浦木までやってきて、盛り上がるなか、戌井は一人寂しそうにしていましたね。

ゆっくり茂と話し時間がなかったかもしれません。

このドラマ佳境に入っていきますね。

ふくろうも、人とのつながりの大事さをしみじみと感じて見続けております。

新しい仕事場、働く漫画家さんたちを見ていると、活気があっていいなあ。
猫の手も借りたいとはこのことですね。

漫画はともかく、菅のいいところも茂たちは見ていますね。
そういう鷹揚さがいいなと思います。

誰でも何かは役に立つのです。

編集の北村さんまで使っています。
布美枝は心を込めて大きい餃子を作るのでした。

二人目の妊娠もわかり、ますます忙しくなりました。

重い荷物はもうもったらいけませんね。
腹圧、心配です。

多量なら配達してくれるお店もあるかもしれません。

とにかく、肉体労働をする方々の集まりですから、大所帯の食事を作ることになりますね。

やがて、二人目を生む布美枝を実家のお母さんが心配して、東京に行こうかと言いますがお父さんが名案を出しますよ。

それは一体どういうアイデアでしょうね。
では。
<Sponsered Link>












この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 14:54 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Page Top↑