最近の記事

2019年05月16日

FULL HOUSE TAKE2 エピソード1

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FULL HOUSE TAKE2 エピソード1』でございます。

DSC02231.JPG

ファン・ジョンウムさんを見ると元気になってしまいます。
ロマンティック・ラブコメでございますよ。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

イケメンデュオのTAKE ONEがかっこいいですね。
ノ・ミヌさん、パク・ギウンさんのやり取りが面白くて最初から笑いっぱなしです。

二人のファッションや表情の豊かさが見ていて楽しいです。

ジョンウムさんはすでに、ふくろうは言葉に尽くせません。

この人は本当に魅力的です。

デュオの二人のステージもいいですね。
二人の性格も初回からとても分かりやすいです。

なんていうか、ふくろうの中では、トムとジェリー?いやチップとデールかな。
このテイクとガンフィはアーティストで、中国公演の真っ最中なのです。
描かれ方がとてもかっこいいです。

二人は表と裏がきっちり分かれていて、仲が悪いのですが、でも、少しは相手を気遣っている、そんな微妙な関係ですね。

女性ヒロインは、ジョンウムさんですが、幼いころにミシェルからチャン・マノクに名前を変えて韓国の祖父に預けられて成長します。

武道家に育て上げるという祖父の元で強い女性に育っています。

祖父が外遊かな?修行かな?
しばらくは家を留守にします。

そこでマノクは、ファッション業界のお仕事を内緒で始めます。

二人の男性、テイクとガンフィとそれぞれの状況で出会います。
<Sponsered Link>











ウォン・ガンフィというのは中国の名前でしょうか。
中国語も上手でしたよね。

エピソードから、
実は幼いころ、テイクとは出会っているようですが、忘れているのでしょうね。

合気道一筋に生きてきた正義感の塊のマノクでございます。

服を売るためにモデルを捜して、行き当たったのは、マネキンのビリー。

マノクはビリーに話しかけています。
違和感が全然ないのがおもしろいです。

テイクはわがままで、コーディの女性がすぐに辞めていきます。
テイクとガンフィは同じ屋根の下に暮らしているのでしょうか。

お届け物を勝手に捨てるテイクは、アレルギーをたくさんもっているみたいですね。
このおかげでマノクのタンスというお店にガンフィは連絡します。
おしゃれ繋がりですね。

あの時助けてくれた女性だとまだ気が付いていません。

ガンフィはリハなしでけがをして、テレビの仕事がテイクに回ってきます。
そこで子供と遊んでいて、肩が外れたテイクの前現れたのは、バイクを奪って迷惑をかけた女性、マノクでした。

勝手なことをすると、早くもこういう場面が巡ってくるのですね。

最初から展開が早くて面白いドラマです。

笑えて憂鬱な気分がとんでいきますよ。

今回の3人の出会いが、この先どうなっていくのか楽しみですね。

では。
<Sponsered Link>















この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 16:51 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑