最近の記事

2019年05月17日

FULL HOUSE TAKE2エピソード2

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FULL HOUSE TAKE2エピソード2』でございます。


DSC02231.JPG
腕が外れたら大変ですよ。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ
ビリーの痛みがわかるか。可愛そうなビリーでございますね。
マノクは結局テイクのかたもはめてあげました。

勝ち誇ったように「ファンだろ」と言い放つテイクでございます。
ただしここに書かれていたのはガンフィの予定だけかも。

ファッションテロリストと異名をとる定期ですが、実はアレルギーがあって普通には福が着られません。

スタイリスト泣かせではありますが、仕方がないですよ。

自称ガンフィの妻、マノクにパラサイトする幼馴染の親友も絡んで、トラブルがてんこ盛りですね。

軽はずみな性格が災いしてマノクはどんどん窮地に追い込まれていきます。

テイクの写真から始まって、ややこしいことになっていきます。

祖父の留守の間に、道場はネット商店になり、知らなかったとはいえ、賭博の会場にされそうになったり、平穏無事な生活とは無縁です。

マノクのタンスを捜してやってきたガンフィをマノクは投げ飛ばしてしまいます。
ガンフィはID俺様だったのでございます。
<Sponsered Link>









サイトの閉鎖は元はといえば、テイクとのもめごとが原因でしたね。

ファッションに目がないガンフィは、マノクのタンスの大ファンだったのです。

これはもう出会いですね。縁ですね。

ガンフィは金髪が似合いますね。
笑顔がチャーミングです。

ファッションにも髪の色は影響しますね。

マノクの実力を買ったガンフィはテイクワンのスタイリストになってくれるように頼みます。

問題はテイクですね。
テイクの性格の悪さは折り紙付きです。

テイクは驚いた表情がチャーミングですね。

これからマノクが顔を隠してスタイリストの仕事を引き受けます。
契約がすむまではテイクには秘密にしようとガンフィは言います。

払わなければならないお金が山ほどありますね。

一気に額が跳ね上がった感じです。

なんでこんなことに。

マノクだけの責任じゃないと思います。

楽観的なガンフィに、気難しいテイク、そして逆境にはまっているマノク。
今後、どんな化学反応がおこるか楽しみです。

では。
<Sponsered Link>
















この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 22:02 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑