最近の記事

2019年05月27日

FULL HOUSE TAKE2 エピソード9

こんばんは、ふくろうです。
今日は『FULL HOUSE TAKE2 エピソード9』でございます。

DSC02231.JPG


セリョンの狙いはテイクとよりを戻すことですね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

今回は本心、真心のおはなしでございます。

セリョンはテイクがまだ自分を好きだといいたいのですね。

性格の悪いワールドスターですね。

ま、テイクも今までは相当大変でしたけどね。
マノクに対しては心を開いてやさしいと思います。

なんだ普通にできるじゃんと、ふくろうは思いましたね。

マノクの立ち位置、偽の婚約者だということがセリョンによってニュースに流されてしまいます。

いろんなものごとを自分の思うようにしたいようですが、それなら自分で物語りでも書けばいいのです。

「俺についてこい」といつものように偉そうなテイクですが、写真にとったことを全部やってみようと言い出します。

気の置けないマノクとの時間がとても楽しそうですね。
デートみたい、秘密の、なーんて二人は笑顔になっています。
スッキリしたら結構ですね。
サイクリングもいいですね。
ネットに記事が流れていたのも知らないで、
ファンからも写真もとられまくっておりました。

そこに高校生の女の子たちが、マノクを痛めつけてけがをさせてしまいます。

ふくろうは傷害事件だと思うなあ。
<Sponsered Link>











テイクが助けたのですが、もめごとは大変な方向に行きます。

記者会見で遅れてきたテイクは、イ・ジュン社長に全面対決でのぞみます。

いつかはこうなってもおかしくはないでしょう。

暴力的な相手には毅然と対処しましょうね。

マノクは実際は強いのに、女子高生には無抵抗になっていました。
慎重にするとしても、無抵抗はどうでしょうね。

ふくろうは一つぎもんなのですが、マノクのおじいさんはどこに何をしに行っているのでしょうか。
謎です。

社長はまのくのせいにしたかったのです。

ガンフィにも操り人形だと言われたテイクは、自分が責任を取ると言いました。

Uエンターとは縁を切るべきでしょう。

人間の居場所ではないですね。

テイクが立ち上がったのは大変めでたいです。

テイクが退職すると、社長は今度はガンフィをいたぶっています。

こういう人でなしに情報をわたしたら、こんなことになるのですね。

ガンフィも大いに傷つきます。

フルハウスはもともとテイクの物でしたが、なんで今は買い戻すことになったのでしょう。

まだよくわかりません。

今回は悩むガンフィがさまようシーンが素敵でした。
美しいかったです。
さて、テイクの居場所ですが、どうやら日本の四国ですね。

栗林公園はふくろうも言ったことがあります。
好きな場所ですね。

そこにはテイクのお母さんがおばさんのところに身を寄せておりました。

お母さんは心を患っているようです。

テイクもここでしばらくパワーを回復したらいいですよ。

ファン・ボムス、チャン・マノクも何故だかここにおりますね。

テイクよかったね。
再起を図るならいったん退却して、作戦をねったほうがいいです。

では。
<Sponsered Link>


















この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 16:28 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Page Top↑