最近の記事

2019年06月10日

キレイな男(字幕版)第6話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『キレイな男(字幕版)第6話 成長の階段』でございます。

DSC00156.jpg

靴下は完売でしたね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ


マテ、ダビデには何かと意地悪ですね。

自分のこころは操れないと、仙女さんが言いました。

仙女さんはマテに恋をしていました。

ですが、もうお別れですね。

その時に何やら贈り物をくれます。
近じか、ピンチになるので、困ったときにあけてと言います。

玉手箱ですね。

仙女さんはマテに親切にしましたね。

靴下が完売したので、マテはこれから大金を稼ごうと決めたようです。

ボトン曰く、マテの顔をお金に換算すると、相当な額になるとか。
面白いですね。

マテの持っている財産が顔ってことですね。

次の仕事を何にするかをみんなで考えます。

ボトンはマテ一筋ですが、マテはそうでもないでしょう。
なのに、ダビデがボトンを好きなのがわかると、
何かと意地悪しています。
<Sponsered Link>











今後も靴下を作るとなると工場から探す必要がありますね。
ボトンとダビデは靴下愛好会に参加します。

そこで四足歩行の社長と出会います。

ユニークな会ですね。楽しそうでした。

なかなか受け入れてもらえなかったのに、今回は、マテがプレゼントの極意を見せます。
これは習ったばかりですね。

相手に関心を持つことが大事だそうです。

いやあ、ふくろうも勉強になりました。今までは女性に働かせてマテはほとんどおいしいところだけいただいておりましたが、今回は自分が仕事をしましたね。

ボトンの部屋の壁紙をけなして、自分の特大の写真を送りつけています。
「上から男」、ですね。

ダビデは歌がうまそうですね。
友達とコンサートをすると言っていました。

それはふくろうも楽しみですね。

ボトンのお母さんはダビデが気にいっています。

さて、ホンナン副会長は、マテに条件つきで通販をやらせます。

大丈夫かな、初めての時には売れ行きはよかったですが、今回は不安ですね。

彼らが作った会社「普通社」は、素人がやっているようなものですから、
ホンナンは何か罠を仕掛けているようです。

ユラのやっているカフェにわざわざ呼び出してきましたね。

靴下売れたらいいですね。

では。
<Sponsered Link>

















この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 17:58 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑