最近の記事

2019年06月15日

キレイな男(字幕版)第10話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『キレイな男(字幕版)第10話戻らない時間』でございます。

DSC00156.jpg

マテはとことんひねくれていますね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ


クリスマス・ディナーの、仕返しですね。

ボトンに甘えたいのかな。

陰険といえばいえば陰険なやり口です。

何が目的なのかとききたいですね。

今回はダビデ自ら、ボトンに過去を語ります。
悲しい物語ですね。

いろいろあってテント生活をえらんでいたのですね。

苦しい人生の出口をつけてくれたのはボトンだったのです。

ユラはホンナンのニューヨークでの生活を調べ、ホンナンに謝罪を求めます。

その様子が怒りに燃えて思い詰めたようでしたね。

復讐に燃えるユラの姿は美人なのになんだかこわいですね。

ホンナンの血縁たちも、関係したくないようですね。

<Sponsered Link>











ふくろうが不思議なのは、会長とホンナンの関係です。

MGはもともとホンナンの父が築いたのでしょうね。

子どもは会長の息子ですね。
さらに何人いるのかわかりませんが隠し子。

会長をホンナンは追い落とそうとしています。

家族のだんらんはないようですね。

さてここでMGの夜の招待状がマテに届きましたが、
何故かすぐに取り消されました。

そこで今回初登場の、後ろ盾の女神を利用します。
グィジと一緒なら、ホンナンも表立って拒否できないかもしれません。
マテの言うように、グィジはくずでございます。

親に危機感がございません。気の毒な家族です。


ところで、マテとユラの話をこっそり聞いたボトンは深く傷つきます。

慰めるダビデは、本当の会長の隠し子なのですが、

行きたくなかったMGの夜に出かける決意をします。


緊張したマテをよそに、会長が笑顔を向けたのは、ダビデでしたね。

でも、マテには反応しませんでした。

マテがMG会長の息子だと言ったのは、確かユラでしたかね。

マテの亡くなったお母さんは何も言っていません。

なくなるかもしれないなら、早めにはっきり言っていたと思いますが。
大事なことは回りくどくなく、確実に言っておかないといけませんね。

マテは親子の名乗りを上げるのかな。
今後の展開が気になりますね。

では。
<Sponsered Link>












この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 14:45 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑