最近の記事

2019年06月16日

キレイな男(字幕版)第11話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『キレイな男(字幕版)第11話 ダビデの苦悩』でございます。

DSC00156.jpg


マテは父親に会いに行ったのですが、あまり相手にされませんね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

大事な瞬間に、過去がばれてしまいますね。

自業自得ですよね。

落胆してマテは戻ってまいります。
当分、力が出そうにないかな。

自分の甘さに気が付いたでしょう。

外見だけはきれいですが、中身はわかりません。

マテを御曹司だと思うボトンも、それなりにショックを感じています。

ユラは合言葉を教えてくれません。
ユラはマテの指導者でしょうか。
この人にもつらいことがあったと思いますが、復讐に燃えて、魔女に見える時がございます。

マテは世間知らずで、何ひとつ自分で成し遂げていないと思います。

そういうひ弱さが、出るのですね。

ミョミは知らない間にいなくなっていました。
グィジは金に物を言わせてミョミを追っ払っていますね。

マテよりそっちをミョミは選んだというわけです。

ナ・ホンナンは人間をやめていますね。

会長の長男をはめて解任しようとします。
<Sponsered Link>











ボトンがユラにひざまずくのを見たダビデは、自分の人生を捨ててもボトンを守ろうとします。
ユラに、会長の息子であることを明かします。

一方、後ろ盾が必要なマテは、グィジの誕生パーティに行きます。

それはもうむかつくパーティなのでございます。

ダビデと参加したボトンは、マテを侮辱するグィジに腹を立て殴ってしまい、警察に連行されます。

マテへの思いがぶれないのはすごいと思いますが、少し残念ですね。

マテの父親は本当に会長でしょうか。

長男とダビデだけには笑顔で話します。

やがてユラはマテに母の最期の言葉、合言葉が録音されているものを渡します。

ユラが、マテに会いに来た時に、ボトンやダビデのことをそれとなく話します。

ボトンは自分のために人生を捨てたダビデを捜します。

ダビデ、愛を告白します。

好青年のダビデさん、ふくろうも大好きですよ。
まともです。

マテも考えることがあると思います。

何だかダビデがかっこいいですよね。

人は皆何かを考えて生きています。

イケメンだけが売りだったマテは、何物でもないのですよ。

いろんな女神にであったけれど、何か幸運がやってきたときに準備ができていたとも言えませんね。

自分が成長していないと、成功に結び付かないのです。

では。
<Sponsered Link>










この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 17:18 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑