最近の記事

2019年06月20日

キレイな男(字幕版)第13話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『キレイな男(字幕版)第13話 副会長の涙』でございます。

DSC00156.jpg

ユラはボトンの時計にみおぼえがありました。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

グィジが会見を開きます。
よかったですね。
マテの指導のたまものでしょうか。

グィジは成長を見せますね、

一方ユラはホンナンへの復讐としてホンナンの人生を小説に書かせています。

とことんやりますね。

ボトンは時計をマテに返し、ユラがその時計に興味を持ったことを伝えます。
マテは、時計の秘密を調べます。
高級なもののようですね。

やがてカン会長はマテにホームショッピングの会社を任せます。

又ホンナンは、イ・ギムを引きずり降ろそうとします。

煙たい人は追っ払っておこうということですね。

パク会長は、ジュナをムンスに引き合わせます。

ムンスはジュナを受け入れましたね。

ジュナも遠慮しながら、拒みません。

ホンナンは、マテと共同戦線を張ろうと持ち掛けます。ユラとホンナンは似ているとマテは言います。

確かに似た者同士ですね。

容赦ない部分がとくに。

ホンナンも、性格がどうのこうのいったって、夫がいろんなところに隠し子をつくったりするので、

同情もしますね。
<Sponsered Link>











夫にきけば、マテは君の子だと言われてしまいます。

捨てたはずの子を夫が隠して育てさせたのですね。

何のために?

長いこと黙っていたのですよ。

今になって話すのは、きかれたからですかね。
時期を見て話すつもりだった?

確かにホンナンはやりすぎですが、会長がどうしたいのかがよくわかりません。

この夫婦の年齢を考えれば、もう、ちゃんとして人生の集大成をするべきだと思います。
もちろんする意志があれば、ですが。

マテに事実を告げるホンナンです。

生んだ子を捨てた過去は、やはりつらいものでしたね。

母としてつらくないわけがない。

この涙だけは本物ですね。子どもに愛情を持っていたと思います。

今現在は知らないからか、実の子に対してもひどい仕打ちをしてきましたね。
因果応報ということかな。

苦しまなかったわけではないのでしょう。

マテの思っていたようではなかったですね。

ホンナンの隠し子だったのです。

亡くなったお母さんは何も言っていませんでした。

合言葉の意味は何なのでしょう。

なかなかややこしい設定でございます。

では。
<Sponsered Link>


















この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 17:38 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑