最近の記事

2019年06月21日

キレイな男(字幕版)第14話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『キレイな男(字幕版)第14話 合言葉の行方』でございます。

DSC00156.jpg

マテは ホンナンが産んで捨てた子でした。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

マテはショックでふらついています。

よりによって、宿敵ならともかく、親子だなんて、知らなくてもよかったですね。

しかも、欲の深いホンナンは捨てたことは後悔していないと言い切ります。

普通じゃないからそんなことを自慢そうに言えるのですね。

捨てる子に自分とおそろいの時計を持たせるのは何のためだったのでしょうね。

さて、ボトンは実家が引っ越していて、自分もその家に戻ることになりました。

大きいなマテの写真まで、全部連れての帰宅でございます。

ダビデに、家の中で寝るようにいっていましたね。

そうですねえ、ダビデもそろそろ、そうしたほうがいいでしょうね。

マテの育ての母のミスクはなぜ、マテに本当のことを言わなかったのでしょうか。

未来のことを思うなら伝えておくべきじゃなかったか。

パク会長をミスクは愛していたのでしょう。

それって、不倫ですかね。
<Sponsered Link>







会長の話では会長はホンナンを愛していたからこそ、
マテを海外に養子に出さずに、ミスクに育てさせたのですね。

何だかねえ。

ミスクはそれで幸せだったのかな。

マテを可愛がって育てていました。
マテがそれを一番よくわかっています。


これがふくろうにはよくわかりませんでした。

ユラが合言葉を知っているのは、ミスクから直接聞いていたからですね。

きいたらショックなのはなぜ?

合言葉がボトンですよね。

その言葉を知っていたらお父さんに会える?みたいなことをマテは思っていたようですね。

何がどうなのか、よくわからないふくろうです。

ホンナンを愛しているから?
マテをそういうことにしておいた?

会長の言葉もわかりにくいです。

そもそも、それなら、隠し子を作ることが理解できませんからね。

まあ、過去は過去として、今は人生を何とかしようと思っているということでしょうか。

会長夫婦のいきさつがなぜかわかりにくかったです。

もう少し詳しく知りたかったな。

では。
<Sponsered Link>






この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 21:23 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑