最近の記事

2019年06月23日

キレイな男(字幕版)最数話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『キレイな男(字幕版)最終話 それぞれの明日』でございます。

DSC00156.jpg


みんな幸せになってほしいですね。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ

ボトンを危険な目に会わせないためには、離れているのがいいかな。

マテはそう考えました。

今回、ボトンのお母さんがマテの実母のホンナンについて話しています。

いいことを言っていますね。

マテもいろんな思いがあるでしょう。子供を捨てるしかなかった母親も
つらかったはずですね。

最終話でわかったことがございます。

パク会長は、ボロボロになったホンナンと出会ったときに、ダビデの母親を捨てたのですね。

ダビデもつらいですね。

マテも実母から攻撃をされる人生でしたから、是もまたつらいです。

株価操作の曜日をかけられても、検事のあの方がちゃんと助けてくれましたね。

仲間の力が大事ですね。
仲間で力を合わせて夢をかなえることは楽しいですね。

マテが意を決してホンナンに会います。
最後ですということで。
「生まれてすみません」といいます。
こんな言葉を子供にいわせてはなりませんね。

「あなたはきれいです」

泣きながらそういって帰っていきます。
<Sponsered Link>











この時にホンナンの心が大きく動きます。
不器用な母親ですよ。

子どもを捨ててつらかったこと、これ以上の罪はないと思って生きてきたこと。

ふくろうも泣けましたね。
どこかに良心が残っていましたね。

やっと、肩の荷を下ろして、ホンナンが人になりましたね。

間に合ってよいかったですね。

人は変われる。

本来の姿を思い出すと思いました。

それにしてもボトンのお母さん、こういうおばさんの存在、大事ですね。

少し距離がある人から諭されると心に響いたりします。

ラストがハッピーエンドでした。

登場人物たちがそれぞれに幸せを見つけて動き出しました。

ホンナンも引退しました。

MGも、ボトン社も、マテが新しく始めた焼肉屋も。未来が楽しみですね。

ユラのカフェも海外進出です。

みんな一癖ありそうな人ばかりですが、誰も活力があって、商売繁盛しそうですよ。
マテは今度は一から自分の力でやってみるらしいです。
いいかもね。

事業の才能はありそうですよ。

ダビデにも新しい出会いが待っていました。
めでたいです。
イ・ジャンウさんの歌、また聞きたいな。

家族について、このドラマで考えました。

人の繋がりを大事にしたいですね。

では。

<Sponsered Link>













この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 20:32 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑