最近の記事

2019年07月07日

恋はドロップキック!〜覆面検事〜(字幕版)第3話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『恋はドロップキック!〜覆面検事〜(字幕版)〜第3話』でございます。

DSC02236.JPG

デチョルのお父さんは殺人犯にされてしまったようです。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ


覆面をかぶって倒れていたのはデチョルのお父さんでした。

デチョルのマスクでしょうかね。

ニュースでそれをデチョルは知ります。

連続殺人犯にされてしまいましたね、お父さん。

遺体をデチョルはみにいきます。

もちろん自分との関係を話すわけはありません。

こんな対面になるとは思いませんでしたね。

一体だれがこんなことをしたのでしょう。

やり場のない気持ちを持て余すデチョルでございます。

筋書きを描いた人間がいるはずですね。

「復讐なんかやめて一緒に暮らせたらよかった」
偽らざる気持ちですね。
親子だと決して言わないようにとお父さんは言い残しました。
デチョルはお父さんの無念を晴らそうと決心したと思います。

簡単に冤罪が作られるのですね。

一方ミニは。終わらせた事件でも再捜査をしようとします。

真犯人はほかにいる。

デチョルは表向き反対します。

無実の人が死んだ。それを見逃せないとミニは言います。

いやあ骨がありますね。
体制に流されずに捜査をしようとします。
<Sponsered Link>











デチョルは、まず怪しまれないようにするでしょうね。

心ではミニと同じ気持ちでしょう。

賛成の気持は伝えましたね。

犯行現場にいったデチョルは、一人の男が盗みを働いているのを見ます。
このこそ泥男、楽して遊ぼうとハワイに行こうとしています。

許せませんね。
悪い奴が幸せなのは見ていて腹が立ちます。

さて、デチョルのお母さんの別の家庭は裕福なようですね。

息子も優秀かな。
デチョルの異父兄弟でしょうか。

息子は父親に何か秘密があると踏んでいますね。

親が隠していること、気になりますね。

若いころのお母さんの写真がなぜないのかと聞くのですが、けんもほろろでしたね。

言えないわけがあるのでしょうね。

それからミニにもお母さんのことで悩みがありました。
出生に関する秘密でしょうか。
つらかったですねミニも。

刑事になったのは、それが理由ですね。

主人公たちの暗い過去が少しづつ見えてきます。

デチョルの復讐したくなる気持ち、わかりますね。
ミニととにかくコミュニケーションしながら、やっていくのがいいでしょうね。
一人ぼっちでないほうが絶対にいい。

こそ泥男に自首を勧めます。
信用はできそうにないのですが、出頭するほうが有利に再捜査ができるのかな。

ソ・リナの登場がどうかかわっていくのか気になりますね。

では。
<Sponsered Link>

















この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 16:18 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑