最近の記事

2019年07月26日

不便な便利屋 第1話

こんばんは、ふくろうです。
今日は『不便な便利屋 第1話』でございます。

DSC02143 (1).JPG

梅雨が明けたら、やっぱり雪が恋しくなりました。

ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ


このところ雪になかなかお目にかかりませんでしたね。

過去にはなかなかなかった気候に突入しています。

ふくろうが生まれ育った昭和は、そりゃあもう雪がめずらしくなかったです。

夏も今のように気温が高くはございませんでした。

このドラマは、先がなかなか読めませんけど、余すところなく、雪国の生活をたっぷり楽しめますよ。

そもそもふくろうは雪の降るのが出てくるドラマが大好きです。

このドラマの主人公、純は脚本家の卵です。

何やら人生を考えるためか北海道に来たのですが、いきなりであった人々に振り回されています。

ジャケットやケータイや、持ち物がなぜかなくなるし、でも、いき別れた父親だという男とその仲間に、とにかく食べさせてもらっています。

ありがたいようなきみが悪いような、先が全く見えてきません。
画面いっぱいの豊富な雪景色がふくろうにはとても癒される世界です。

<Sponsered Link>











北海道はふくろうにとって若いころからあこがれの地でございます。

知人もいますが、もうみんな年を取っておられることと思います。

ちなみにふくろうの知人たちはみんなおおらかでユニークな人ばかりです。

さて、この青年は何をどうしたいのかな。

画面からはおいしそうなみそ汁の香りがしてきました。

味噌汁作って食べたくなりますね。

主人公はいきなり何かの流れに巻き込まれています。

いいたいことはなかなか聞いてもらえないのですが、この人たちはものすごい悪人には見えませんね。

流されるタイプの主人公ですね。

北海道のどこにいるのかも定かではない主人公が、なぜこんなことになっているのか。

体感温度を下げながら視聴しております。

ジャケットが意外なところから出てまいりましたね。

理由が全くわかりません。

荷物もあったようななくなったような、交通機関は動かない町で、
おまわりさんとかに届けなくていいのかな。

ま、とにかく雪を楽しみたいふくろうです。

では。
<Sponsered Link>












この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 17:49 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑