最近の記事

2020年08月18日

心霊探偵 八雲10 11 12 神永 学

こんばんは、ふくろうです。

災害の時代でございます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


昨年ふくろうも、熱中症で倒れかかりましたが、多くの人に助けられて今日まで生きてまいりました。

体調が回復するころには、時代が刻々と変わってきていましたね。


さて今日は、久しぶりの
「心霊探偵 八雲」です。
こもって読書するのが楽しくて、一気に10魂の道標,11魂の代償,12魂の深淵と読みました。

大好きなキャラクター、斎藤八雲が、とにかく幸せになってほしいと祈りながら、読んでおりましたよ。

この世に生まれてくる時から、重いものを背負って生まれてきた八雲が、まわりの人たちに助けられて、

変わっていきます。

そこが好きですね。

おっかない人物も出てきますが、暖かい人情のある人たちも出てきます。

ふくろうにとってはちょびっと怖く、そしてまた、晴香に寄せる八雲の思いが変化していくのも、

大変興味深かったです。

二人の気持がゆっくりと育っていくのを見ていると、ふくろうも幸せな気持ちになれます。

12巻まで読んで思ったのは、この後、いよいよこれからが、愛する人と仲良く人生を歩む八雲なので、

もしかしたら、この先、後藤さんの探偵事務所に勤めるのもいいかなと。


これからが、八雲の本当の人生が始まる気がします。

もっと違った、第二部といいますか、そういう感じの物語が展開される未来を

ふくろうは首を長くして待ちたいと思います。

ではまた。








この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 19:06 | Comment(0) | 小説・文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑