最近の記事
(06/24)戦国史が面白くなる「戦国武将」の秘密 渡邊大門
(06/18)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第6回
(06/17)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第5回
(06/13)パートナー 下 ジョン・グリシャム 白石朗 訳
(06/12)ラモーナとおかあさん ベバリイ・クリアリ―作 松岡享子訳 アラン・ティーグリーン絵
(06/11)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第4回
(06/10)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第3回
(06/07)パートナー 上 ジョン・グリシャム  白石 朗 訳
(06/05)ラモーナとおとうさん ベバリイ・クリアリ―作 松岡享子訳 アラン・ティ―グリーン絵
(06/04)ドラゴンの眼 下 スティーヴン・キング 著  雨沢 泰 訳
(06/03)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第2回
(06/02)DVD ディア・ブラッド〜私の守護天使 第1回
(05/31)キャロリング 有川 浩
(05/30)ドラゴンの眼 上 スティ―ヴン・キング 著  雨沢泰 訳
(05/29)DVD 星から来たあなた 第2話
(05/28)DVD 星から来たあなた 第1話
(05/27)少年弁護士 セオの事件簿6 仮面スキャンダル ジョン・グリシャム=作 石崎洋司=訳
(05/26)少年弁護士 セオの事件簿5 逃亡者の目 ジョン・グリシャム=作 石崎洋司=訳
(05/24)ゆうかんな女の子ラモーナ ベバリイ・クリアリイ作 松岡享子訳 アラン・ティ―グリーン絵
(05/21)DVD ヒーラー最高の恋人 最終話

2013年10月05日

百器徒然袋ドラマCD3雨 京極夏彦

モーニング!
ふくろうです。

今朝は『百器徒然袋』ドラマCD3雨。

DSC00321.JPG

山颪(やまおろし)、薔薇十字探偵の憤慨です。

山嵐がもとになっているといわれている妖怪
山颪。
この物語には動物のあの山嵐が出てきます。

今回は不運の小説家、関口巽さんが登場します。
だからと言って
この人が何かするというわけでもないんですが。

相変わらずダントツでこの物語の中の存在感
は榎木津礼二郎探偵が独り占めしています。
誰が出てこようがこの点は変わりません。

今回も殺人事件が絡んでいます。
礼二郎さんと中禅寺さんが、主に活躍します。
礼二郎さんの行動の基準がいまいち常人とは
かけ離れているのですが、

事件はとりあえず解決の方向に行きます。
常人にはめちゃくちゃにするように見える。
神を自称する礼二郎さんの不可解に見える行動も、
中禅寺さんが解説してくれるので大丈夫です。
彼がいつもすべてを見抜いています。

聞けば至極まっとうな怪しい事件だとわかります。

博識な京極先生の知識がしっかり盛り込まれており、
そういうところは興味深いです。奥行きがある。

今回礼二郎さんは珍しく山嵐の捜査だけはしています。
自分の興味、発想にもとづいて動いています。
「神」ですからね。で、その神が憤慨する事件です。

ふくろうは先が見えない面白さで
最後まで耳で読みました。驚いたり笑ったり。
脳味噌がしっかりマッサージされました。

常識とか予想とかをポーンと飛び越えて
ストン、と落ちつきます。不思議な世界です。

では。

<Sponsered Link>





この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 07:54 | Comment(0) | ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

百器徒然袋ドラマCD2雨 京極夏彦

モーニング!
ふくろうです。

今朝も京極ワールドです。

DSC00319.JPG

「瓶長」かめおさ、薔薇十字探偵の鬱憤。

依頼人の話も聞かず、推理もしない,
変なのは親譲り、
超美形の探偵榎木津礼二郎氏が活躍します。

人の記憶を見る体質もあってか奇人変人。
今回はかめ、瓶と亀が出てくる涼しくなるお話です。
実は中禅寺さんと、木場刑事は榎木津さんの幼馴染
らしいです。



ぽちっと1回あなたのクリックが記事更新の励みになります。


書評・レビュー ブログランキングへ



続きを読む この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 06:17 | Comment(0) | ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

百器徒然袋ドラマCD1雨 京極夏彦

モーニング!
ふくろうです。

今朝は京極夏彦さん原作のどらまCD1,雨。

DSC00317.JPG

鳴る釜、薔薇十字探偵の憂鬱のお話です。
かま、がモチーフの一つになっています。
とふくろうは思います。

ドラマCDなんて初めて聞きましたが、
目が疲れなくて面白かったです。
志水アキさんのコミックと同様のイメージを
インプットして聞き惚れておりました。

京極作品に登場する榎津礼次郎さんという探偵が
ふくろうは大好きで、
京極作品はこのかたがおられるので読む、
と言っても過言ではありません。

なぜかなどと説明すると時間が足りないので控えますが
超美形と言うだけで読んでいるのも事実です。

素敵なんだけど、いたら何かと厄介なかた、
でもどのくらい美形なの?
と興味は尽きません。

ほかのレギュラー陣の[京極堂」こと中禅寺秋彦さんも、
強烈なキャラなので、この二人が何をやらかすのやら
とか、一体この物語では誰をメインで頼りにしたらいいの?
とか、かつてない疑問とか不安をのせたまま、
物語が最後まで進んでいきます。

あまりの胡散臭さに笑い転げながら、得体の知れない
人物たちが事件を解決し締めくくってくれます。

いや、そんなとらえ方でいいのだろうか、
でもとにかくいけない人たちを、変わった人たちが
何となしてくれて、ラストでちらりと人生の真実と言うか
やさしさが見えてきます。

事件がかすんでしまうほどの探偵だなんて、
なんて新鮮なんだ。

新しい時代を感じました。
長くなるのでこれくらいで。
あとは読まれたらお分かりになろうかと。

ではまた。
<Sponsered Link>





この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
posted by ふくろう at 07:25 | Comment(0) | ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワンクリックでパワー注入 ↓
人気ブログランキングへ 当ブログの人気急上昇中の記事は、 このランキングから読めます。 ブログパーツ
Page Top↑